注文住宅を購入する前にやるべきことは?後悔しないためのポイントなどを詳しく解説

依頼主の希望を十分に反映出来る点が好まれている注文住宅。
これから建てるなら、後悔しないお家にしたいものです。
当サイトでは、希望のお家にするために必要となるポイントや情報収集の方法を解説しています。
事前にじっくりと下準備をすることで、理想の住まいを手にすることが出来るものです。
入念な計画と下調べをすれば、スケジュール調整や資金調達の時間にも余裕が出ます。
まずはお家を建てるための十分な知識を手に入れましょう。

注文住宅を購入する前にやるべきことは?後悔しないためのポイントなどを詳しく解説

注文住宅を建てる際には、まず複数の工務店やハウスメーカーを比較することが必要です。
メーカーごとに得意分野と苦手とする分野があります。
こだわりたいポイントを得意とするメーカーに注文住宅をオーダーすべきです。
価格が大切と解説されているケースも多いものですが、注文住宅を依頼する際にはその住宅のデザイン性やアフターサービスの充実度なども検討する必要があります。
注文住宅についての解説が掲載されている資料を、各社ごとに取り寄せることも良い方法でしょう。

注文住宅は建築スケジュールを立てるのが大事

注文住宅は、夢のマイホームや理想の住まいを追い求める人にはうってつけの住宅です。
建売住宅と違い自分の思い通りの間取りやデザインにすることができるので、予算内に収めるのが大変な面もありますが、満足する出来上がりに涙するオーナーもいると言われます。
そんな夢のマイホームですが、注文住宅の場合は建築スケジュールを立てることが大切です。
建売住宅は、すでにある土地に建物が建っているか、間取りやデザインが既に決められている住宅が建つ予定ですので、購入の意思が固まって契約をして、3ヶ月程度で実際に入居が可能です。
建売住宅であっても、契約をしたからといってすぐに住めるわけではなく、デザインの一部変更や補修、住宅ローンの契約や登記登録等の時間は必要です。
注文住宅はさらに、間取り等の打ち合わせや、土地探しなど家主がやることはたくさんありますし、やっと決まってもそこから建て始めるので、半年から1年程度見ておかなければなりません。
その間の住む場所など、建築スケジュールを確認しながら決める必要があります。

注文住宅を購入する時は全体の流れを把握しよう

マイホームを建てるというのは、人生の大きな節目であると言えるでしょう。
このマイホームを建てる際に注文住宅で建築する場合は、建売住宅を購入する時と違うので注意しましょう。
建売住宅は、もうすでに建築されている家を買うので、ショッピングと同じ感覚ですが、注文住宅の場合は流れが少し違います。
まず購入者が土地や建物をハウスメーカーへ依頼します。
そこからハウスメーカーが、提携している銀行に住宅ローンを申請します。
そこから審査があり、晴れてその審査を通過すると住宅ローンを組むことが出来ます。
そこでハウスメーカーへ銀行が支払いを行って、そこからは住宅ローンを組んだ銀行へ支払いをするのです。
ローンは最長で35年で組むことが出来ます。
借りる期間が長いと毎月の返済金額は減りますが、借りている金額に金利がついてしまうので、あまり長すぎると支払総額は大きくなります。
その点を踏まえてどのくらいの長さでローンを組むのか考えると良いでしょう。

注文住宅はアフターサービスまで考えて購入するのがおすすめ

設計の自由度の高さが、注文住宅の大きな魅力。
デザインや間取りあるいは水まわりの設備や外構に至るまで、自分や家族の希望に合った住まいを手に入れることが可能です。
しかしその反面、既に完成度の高い規格住宅に比べて、資材やデザインあるいは設備などをオーダーメイドにするため、工期の長期化やコストが増えてしまうのも事実です。
さらに家を建ててから不具合が見つかったり、建物の経年劣化で故障や損壊が発生しても、あらためて特注で資材を仕入れなければならない、あるいは特殊な工法が必要になるなどして、スピーディーかつ的確なメンテナンスが実現できないといった、完成後のリスクも見逃せません。
このような注文住宅の購入でこのようなリスクを少しでも回避したいなら、アフターサービスの充実した業者を選ぶことがおすすめです。
その際には自分たちが建物で重視する部分を整理した上で、サービスの対象を見極めることが重要になります。
例えばキッチンをはじめとした水まわりの設備を重視するならば、その部分のサービスの頻度や費用が有利な業者を選びましょう。
あるいは年間にわたってきめ細かく家をチェックして欲しい場合には、定期点検のサービスが充実する業者が理想です。

注文住宅は自分の意見を持つことが重要

注文住宅を建てる際は、しっかりと自分の意見を持つことが重要です。
注文住宅は間取りからデザイン、住宅設備まで様々なポイントを自分で自由に決めることができます。
ですので理想のマイホームを建てたいという方に選ばれているのですが、ふわふわとイメージがまとまっていない状態で住宅メーカーなどと打ち合わせをしてしまうと、住宅メーカーがおすすめする家になりがちです。
住宅メーカーも打ち合わせでより高額な住宅設備や、よりデザイン性の高い間取りなどをオススメする所もあります。
何もイメージが決まっていない状態で話を聞いてしまうと、住宅メーカーのオススメに流されてしまうことが多いです。
そうすると考えていた以上に工事費がかかってしまったり、何となく思い描いていたマイホームとは違うなど完成してから後悔してしまうことが出てきてしまうかもしれません。
このようなケースを避けるためにも、注文住宅を建てる時は自分の意見をまとめて、しっかりと伝える必要があります。

著者:古沢圭司

筆者プロフィール

鳥取県米子市生まれ。
地元で親の跡を継ぎ工務店を経営。
注文住宅を建ててから後悔しないため、記事をまとめました。
米子で注文住宅を建てよう!